【面白記事】紛らわしいUSBの挿入方向を一瞬で見分ける方法!

この記事は約3分で読めます。

皆さんこんにちは!亜希です!
6月から、このブログを運営し始め、様々な記事を執筆させて頂きましたが、その中で少し面白い発見が有りましたので、是非ともご紹介させて頂きたいと思います。

その面白い発見とは!
USBを差し込む向きを一瞬で見分ける方法です!

といっても、すべてのUSBに対応しているわけではなく『USB Type-A』のみ対応なんですけどね♪

なので、今回はパソコンユーザーなら誰もがイラっとした経験があるであろう、『USBを差し込む方向』を簡単に見分ける方法についてご紹介したいと思います。

※読み進める方はご注意をお願いいたします※
今回は完全にネタ記事です。文字数も少なく、真面目さにも非常にかけますが『それでもいいよ!』という人は是非とも読み進めて見て下さい♪

USBを差し込む時は、『一定の向き』が存在する

はい、見分け方をご紹介しますと言いながら、見出しで答えを書いてしまったわけですが、当たり前の事ながら、USBをパソコンなどの周辺機器へ差し込む時に一定の向きで差し込むことでスムーズに挿入することが出来ます。

デスクトップPCなどの場合はUSBの差込口が縦の機種もあったりしますが、ノートパソコンや外付けHDDなどの機種の場合、大抵横向きに差込口が付いています。

なので、USBを差し込む時には、挿入する向きを覚えておくことで、スムーズに挿入できるという理屈です。

で、肝心なUSBの差し込む向きの見分け方なのですが、画像の様に覚えてください。

性格の良い面が上!
性格の悪い面が下!

どっちも『いい顔』とは言えないかもしれませんが、『性格が悪い面』は何か暗黒面にでも落ちてるかのような顔をしていますね。

これは『USB Type-A』ならどんな機種にでも用いれる知識となっております♪

なぜ、裏表でこんな変化が生まれるかというと、皆さんご存じの通り、金具の内側に埋め込まれている接点が片側にのみ配置されているからなんです♪

要は、『接点を下に、空洞を上に』挿入することにより、USBをスムーズに接続することが出来ます。

USB2.0(黒端子)

今回、見分ける例としてUSB2.0(黒端子)を用いて説明しましたが、これはUSB3.0(青端子)でも同じ現象が起こります♪

USB3.0(青端子)

ポイントとしては、同じUSBの扱いの『microUSB』や『USB Type-C』などには利用できない方法なので注意して下さい。

しかし、私的には『USB Type-A』がスムーズにさせるようになるだけでも、日常でのパソコン使いがグッと楽になるのではないかと思います。

USBも時代とともに進化を続けていますが、『USB Type-A』が消滅するのはまだまだ先だと思うので、誰でも覚えておいて損はないです。

今回は『チラシの裏にでも書いてろ!』と言われそうな内容を記事としてまとめてしまいましたが、この記事を読んでくれ方が少しでも快適なパソコンライフを送っていただければと思います。

お粗末な記事ですがここまで読んで頂き誠に有難うございました。

それでは次回の記事でまたお会いしましょう!
以上、亜希でした!

コメント