スマホ・タブレットとパソコンの違いを画像付きで分かりやすく解説してみました♪

この記事は約9分で読めます。

皆さんこんにちは!元カメラ屋店員のakiです!

最近のスマホやタブレットも高性能になり、出先で調べごとをしたり、友達とSNSで盛り上がったりなんてことが容易に出来るようになりましたね。

逆にパソコンは大きいし、重いし、出来ることはスマホとそんなに変わらない・・・・
Facebook・Instagram・Twitter等々すべてスマホで出来てしまいます。

若い人の中には、スマホ・タブレットだけで充分と考えている人も多いかと思います。
かくいう、年寄りの私ですら、最近はスマホだけで充分かなぁ?なんて考えるようになりました。

しかし、パソコンにはパソコンならではの良さがあると思うのです!
更に、最近ではWindowsを発売しているMicrosoft社からこのような広告出ており、未だにパソコンの重要性が高い事がうかがえます。

本日は、「パソコンを買う理由」が見えづらくなってきたこの時代に、
「パソコンを買うメリット」を
個人的観点も含め、まとめてみたいと思います。

今回の記事はこんな人にオススメ♪
・パソコンに興味があるけど、スマホ・タブレットとの違いが分からない。
・パソコンが高価な物なので購入に踏み切れない。
・スマホ・タブレットを持ってるが、追加でパソコンを買う意味が有るか分からない。

パソコンとスマホ・タブレットって何が違うのか?

パソコンとスマホ・タブレットの違いは、スマホ・タブレットは「指」で操作するのに対し、パソコンは「キーボードとマウス」を使い操作を行います。

これは、大まかな作業をする分には指の方が早く操作が出来ますが、写真編集等の細かい作業や文章の高速な入力になってくるとパソコンの方に軍配が上がります。

パソコンとスマホ・タブレットの操作感の違いは、同じ電子機器なのに全く違う。

最近では、外付けのキーボード、マウスに対応するタブレットも出てきていますが、はやり操作感で言うとパソコンが一枚上手のように感じます。

また、両者の決定的に大きな違いは「OS(オペレーティングシステム)」の違いです。
OSとはパソコンの制御を行っているメインソフトで、このOSの違いにより、対応アプリや、後付けの機器(プリンタ、コントローラー、スピーカー等)に対応できるかどうかが大きく左右されます。

特に沢山のパソコンに搭載されている「Windows」というOSは1985年に発売されてから長い歴史があり、その中で沢山の企業がWindowsに焦点を当てたソフトを大量に販売しているため、パソコンの方が、「やりたいことが出来る」状況を作りやすいです。

主に「Windows」「Mac」というOSが搭載されている機器はパソコン、「Android」「iOS」が搭載されている機種はスマホ・タブレットという認識でOKです。

メリット① 値段は変わらないのに、性能は何倍も違う。

最近のスマホやタブレットの本体価格は10万円近いのですが、これはノートパソコンと値段がそんなに変わりません

むしろ、スマホやタブレットは1~2年ほどすると市場から消えるので、常に新機種発売状を維持しており販売価格高めの相場ですが、パソコンの場合は2年前のモデルが市場に並んでいることが結構あるので、家電量販店等で購入する場合は、パソコンの方が安く購入できることもザラにあったりします。

それなのに、2年前のパソコンは最新スマホ・タブレットの性能の約5倍以上性能が上です。
この性能の差は、Youtubeを見るとき、写真の閲覧・整理を行うときの快適さに如実に差が出てきます。

スマホやパソコンの性能を図るソフトを両方で実行した。
その結果約10倍もの数値の差が出た。

これには「CPU(シーピーユー)」「HDD(ハードディスクドライブ)」というものが大きく関係してきており、パソコンのCPUの方がスマホ・タブレットのCPUに比べ圧倒的に高性能だからです。

また、最近のHDDはスマホ・タブレットの10倍以上の保存領域があるため、気に入った動画を保存したり、撮影した写真を大量に保存するという作業にも向いています。

スマホ・タブレットのCPUの性能では4K・8Kビデオは見ることが難しいですが、パソコンのCPU性能なら動画を閲覧しながら、片手間でネットサーフィンという使い方もできます。

スマホ・タブレットは1080pまでが多いが、パソコンなら8Kまで対応できる(モニターが対応している必要もある)

メリット② 書類作成、写真編集、ネット閲覧、等の作業の快適さが段違い

スマホ・タブレットで行える作業に「書類作成」「写真編集」「ネット閲覧」がありますが、これらも、やはりパソコンの方が快適です。

一度Microsoftの「Excel」「Word」を使いタブレットで文章入力をしてみたのですが、あまりの入力の難しさに10分で断念した記憶があります

左がスマホ・右がパソコンで同じWordの文章を表示してみた。
一度に表示できる情報量の多さはパソコンの方が上。

スマホやタブレットは画面が小さいので、文章を入力している最中に、構成の再確認が取りづらいです。

スマホの場合、画面上のキーボードをを小さくして画面を動かして確認後、またもとの位置に戻る・・・・さすがにこれを繰り返してると日が暮れてしまいます。

写真編集もパソコンの方が早いです。

これには前項で書いた「CPU」が関係してくるのですが、パソコンのCPUはスマホ・タブレットに比べ何倍も速いので、処理の待ち時間がスマホ・タブレットで1分かかる作業を、10秒ほどで終わらすことが出来ます。

また、写真編集ソフトのラインナップもパソコンの方が圧倒的に多い為、写真を加工したい場合などには、様々なソフトを試すことが出来ます。

更に、パソコンに必須の「液晶ディスプレイ」の大きさも相まって、作業中に分からないことがあれば、画面端でネットで調べながら作業することが出来ます。

メリット③ ゲームをするならパソコンの方が絶対に楽しめる

私のスマホ・タブレットは最近では半分ゲーム機になっています(笑)
スマホ・タブレットは指で操作するだけあって、直感的に遊べるゲームが多く、楽しいですよね。

しかし、スマホ・タブレットは端末の容量の為なのか、ゲームとしてのボリュームに少し欠ける物が多いです。

また、ゲーム機やパソコンの様にコントローラーを使い操作することが出来ないので、アクションゲーム、レースゲーム等の操作性の悪さも感じます。

パズルゲームをするならスマホ・タブレットの方がオススメですが、動きの激しいゲームをする場合にはやはりパソコンをオススメしたいです。

これには「グラフィックカード(GPU)」の影響が大きく、グラフィックカードはパソコンでCG処理やビデオを観る時に効果を発揮する機器です。

Rise of the tomb raider のスクリーンショット

スマホとの性能差は10倍以上とされ、キャラクターが動きが激しいゲームなどをする場合には必須とされている機器です。

現行のスマホ・タブレットは性能的には2004年頃のパソコンと同性能ほどなので、パソコンやゲーム機で発表されたタイトルがスマホで遊べるようになるにはかなり時間がかかります。

これはパソコン版「Need for speed payback のスクリーンショット」
惚れ惚れするぐらい綺麗だ。
これはスマホ版「Need for speed NoLimit のスクリーンショット」
スマホ版だからなのか何か物足りない。

また、パソコンを使いゲームをすると「ボイスチャット」をしながら協力プレイが出来るのも魅力の一つです。
「ボイスチャット」とは参加しているゲーム内のユーザと音声を使いコミュニケーションを図る方法です。
内容に集中しながら意思疎通を図ることが出来るため、使い方によっては、病みつきになる人も多いと思います♪

メリットは多いがデメリットも有る・・・コンピュータウィルスは怖い!

ここまで書いて、パソコンには非常にメリットがあることが分かりましたが、その反面デメリットも有ります。

まず1つ目に、「ウィルスにかかりやすい」です。
これには多くのパソコンに搭載されている「Windows」「MacOS」が関係していて、昔からパソコンに搭載されてきたこの2つは、各企業から沢山のソフトが販売されています。

これだけパソコン界で人気を博してきた2つのOSは個人ユーザにもソフトの開発がしやすく、中には悪意をもってソフトを開発する人もいるのです。

それが「コンピュータウィルス」といわれる、「情報漏洩」や「パソコンを強制初期化」するソフトだったりします。

なので、パソコンを購入する際には一緒に「セキュリティーソフト」を購入するか、無料の物でもいいのでパソコンに入れておきましょう。
これにより80%ほどのウィルスがブロックできるようです。

しかし、それでも20%ほどは残念ながら防げません。
こればかりは利用する側が、「このサイトは安全なのか?」を常に意識するしかありません。

2つ目に、「重量が重い、バッテリーの持ちが良くない」です。
これもパソコンを購入すると気になる問題です。
最近のノートパソコンでも重量1㎏前後ですが、これをもって何時間も外出するのは少しつらいように感じます。

また、バッテリーも、パソコン本体が高性能になればなるほど持ちが悪くなります。
そうなると、「コンセントの付いたお店に入るか」、「モバイルバッテリーで少しづず充電するか」、どちらも遭遇したくないシチュエーションですね。

スポンサーリンク

最近では1台2役の「タブレットPC」も発売されている。

最近では、「タブレット」に「Windows」を搭載した「タブレットPC」というものが発売されています。
Microsoftの「Surface」など、聞いたことがある人も多いかと思います。

Microsoftから発売されている「Surface」シリーズ
タブレットサイズなのにWindowsを搭載してるのが魅力的!

このタブレットPCは、名前の通りタブレットの様に薄くコンパクトなのにWindowsが搭載されているのが魅力で、パソコンに利用している機器の大半を接続して使うことが出来ます。
もちろん、マウスやキーボードも接続可能です。

また、タッチパネルにも対応しておりコンパクトに持ち運びたいときは、指での入力操作も可能です。

タブレットPC上位機種になってくると、処理能力もノートパソコンに劣らないほどで、スマホ・タブレットの3倍以上の性能を有していますので、購入後、何年も見劣りすることなく使えます。

ただ、一つだけ難点があるとするなら、ゲームや動画編集等の重い処理をさせるには少し不十分かもしれません。

ゲームや動画編集は全くしないから、少しでも軽い機種が欲しい!という人には、かなりオススメの機種です♪

スマホ・タブレットも便利だけど、私はやはりパソコンを使いたい!

今回のポイント!
・文章作成、写真編集等を行う場合はパソコンは必須!
・ゲームを楽しむならパソコンの方が有利!
・大量のデータを保存するにもオススメ!
・コンピュータウィルスには要注意!

ここまで読んで頂き有難うございます。
いかがだったでしょうか?今回は「スマホ・タブレット」「パソコン」の違いについて解説をしました。

今回、2種類の機器の違いを書いてみて、「スマホ・タブレット」「パソコン」両者に良さがあるのを再確認しました。

寝そべってYoutubeみるならスマホ・タブレットが最強だし、ブログ、映像編集、写真管理をするならパソコンが最強だし・・・・甲乙つけがたい状態です(汗)

しかし、今回パソコンを購入しようかどうか悩んでる方は、この記事を読んで頂き、自分に合う機種に出会えるお手伝いになれば幸いです。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました♪
作業をしてみて、わからない、元に戻らない等のご不明点がありましたら、コメントにてお問い合わせ下さい。

次回は「パソコンのデータの掃除の方法」 をご紹介したいと思います♪

以上、akiでした!皆さんよいパソコンをお送りくださいませ♪

コメント