一眼レフに付いてる「RAW」とは?JPEGとどう違う?実は高画質!?

この記事は約6分で読めます。

皆さんこんにちは!亜希(@yoromiblog_aki)です!

今回は前回に引き続き、カメラデビューした人に楽しい「カメライフ」を送るための、情報をお届けします。

 
本日は、一眼レフカメラで画質設定時に出てくる「RAW」についてご紹介したいと思います。
 

この記事はこんな人にオススメ♪
・撮影事故を未然に防ぎたい。
・撮影後、画質の低下無しに編集を行いたい。
・SNS映えする写真を作りたい。

『RAW』ってなんだ?

カメラを使っている方の中には、「RAW(ロウ)」という言葉を見たり聞いたりしたことがある方もいると思います。

RAWとは 一眼レフカメラやミラーレス一眼等の高性能なカメラで取り扱うことのできる画像データで、 画像ファイルの末尾に『.CR2』『.NEF』『.ARW』などの表記で保存されています。

画像の形式で有名な『.JPEG』と似たような存在なのですが、ユーザーがカメラの設定を自分で変更して『RAW』を選ばない限りは利用する事が出来ません。

RAWデータはカメラメーカー毎に表記が違い、少しややこしいですが、以下の様な表示を見かけたら、『RAWデータ』だと思ってください♪

また、RAWは高性能カメラのみで取り扱うことが出来る為、スマホやタブレットなどでは一切閲覧できないという特徴が有ります。

しかし、ユーザーが自分で設定しないと利用する事が出来ず、おまけにメーカー毎に表記が違っているRAWデータは、一眼レフユーザーの間では凄く人気な画像データ形式なんです♪

次項では、なぜこんなにややこしいにも関わらず一眼レフユーザーにRAWが利用されているのかを解説して行きたいと思います。

メリットが少ないにも関わらず「RAW」を使う理由

そもそも、何故データの種類にも関わらず「RAW(ロウ)」というのか?

お刺身のことを「RAW FISH」といいますが、RAWとは「生」のことです。
なので「RAWデータ」というと「生のデータ」という事になります。

実はカメラは、シャッターボタンを押した後、「画像を記録 ➡ カメラ設定に合わせて編集 ➡ SDカードへ「JPEG」として保存」の一連の動作を毎回行っているのですが、「RAW」は、その編集をすることなく、捉えたままの映像を無加工状態でSDカード内に保存します。

なので、「RAWデータ」というような呼び方をするんです♪

言い換えれば、一眼レフで「JPEG」で保存されてるときは、カメラ内でソフトを通して現像されて保存されてるのです。

この『RAW』は各カメラメーカーから提供されている、現像ソフトを使うことにより、『JPEG』に変換することが出来て、その後スマホなどに転送することが出来ます。

私が使用している現像ソフトはCannon製の「Digital Photo Professional 4」

JPEGと違いRAWなら、各メーカーが提供している現像ソフトでは「明るさ調整」「影の濃さ」「光の強弱」「ノイズ除去」「ホワイトバランス変更」などなど様々な編集が可能です。

これは、かなり大きな魅力で、 「JPEG」でも明るさや色味を変換できますが、「RAW」ほど自由がきかないし、画像が劣化してしまう事が多いです。

例えば、この写真の様に現像ソフトを使うことにより、空の色を変えることもできます♪

ホワイトバランスを変更、空の色が大きく変わった

またこの画像も全体的に暗いですが、それを画質の変化なく明るくすることが出来ます。

RAWなら明るさを上げても灰色ぽく変色しない

その他、この機能を使うことにより、例えば、「もう少し雰囲気出したいな」とか「明暗に差をつけた写真にしたい」「もっと色を鮮やかにしたい」「高感度ノイズを消したい」等の編集も簡単に行うことが出来ます。

左画像:JPEGで明るさを上げた、色が悪い、右画像:現像ソフトを使い明るくした、鮮やかな色
スポンサーリンク

使い勝手が良すぎる『RAW』、しかし致命的なデメリットも有る

ここまで「RAW」についてのメリットを紹介させてもらいましたが、その反面、かなり大きなデメリットも有ります。

最初の方に書いたように「他社のカメラでは見れない」「写真屋さんで印刷できない」「そのままスマホに遅れない」等ありますが、これらは現像ソフトを使うことにより解決できます。

それ以上にデメリットになるのが
データ容量が大きいので撮影可能枚数が減る
現像に拘り過ぎると、時間がかかりすぎる

例えば、16GBのSDカードで「JPEG」のみだと1820枚取れるのに対し、「RAW」だと548枚に撮影可能枚数が減ります

約1/3まで撮影可能枚数が減ってしまった、長旅に出る時などには
あらかじめ予備のSDカードを持っておきたい。

また、私の場合は1個のデータの現像に3分ほどかかるのですが、「JPEG」だったらSDから取り出したら終了ですよね。

もし、旅行へ行って、100枚写真「RAW」を撮ったとして、帰ってきて現像に1枚3分かけたら、100枚×3分=300分と5時間分も現像に費やしてしまう事になります。

これだったら「JPEG」で撮影して、浮いた5時間を旅行に費やしたいですよね。

こんなにも枚数があると、全部現像しようとしたらかなりの時間がかかる。

しかし、編集時間は 写真を記録する時に、「RAW+JPEG」の二つで記録することである程度は解決することが出来ます。良くとれてる分は、すぐにネットやスマホアップできるし、納得のいかない写真は「RAWデータ」を使って後でじっくり修正することもできます。

※「JPEG」「RAW」を同時保存すると撮影枚数がさらに減ってしまうので注意が必要です。

「JPEG」「RAW」違いのまとめ。

私個人的におすすめしたいのは、RAWで撮影したほうがいいかなと思います。

何故かというと、RAWからJPEGへと変換することは何度でもできますが、JPEGからRAWには絶対に戻らないんですよね。もしかしたら、その時の思い出が、もっと良いものに出来る可能性がそこにはあると思います。

そんな時、JPEGファイルしか残ってないと、思いどおりの編集ができないなんてこともあるかもしれません。

しかし、「JPEG」だと、記録カード代も安く済むし、カメラの性能も最大限に使えます♪

非常にどっちつかずのまとめになりましたが、基本的には「後々加工をするならRAW、しないならJPEG」くらいのイメージでも問題ないような気がしますね♪

最後に、ここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。
始まったばかりのこのブログですが、よろしければ定期的にご覧になっていただけると励みになります♪
また、記事を読み不明な点等ございましたら、お気軽にコメントにてお問い合わせいただけましたら、更に深く説明させていただきたいと考えております。

次回は「超簡単にカメラの画像をパソコンに取り込む方法」をご紹介したいと思います

コメント