一眼レフカメラ初心者がレンズで迷ったら『単焦点レンズ』を買えばOK!

この記事は約9分で読めます。

皆さんこんにちは!亜希(@yoromiblog_aki)です!

一眼レフカメラはスマホやコンパクトデジタルカメラと違い、レンズを交換できるのが特徴です。

レンズを交換する事で、背景がよりボケたり、遠くまで写せる様になったりと様々な効果を得ることが出来ます。

しかし、一眼レフカメラ用のレンズの種類は非常に多く、初心者の人は『どれを選んだらいいか分からない』という人も多いかと思います。

なので、今回はそんな人の為に『一眼レフカメラ初心者が最初に買うレンズはどれがいいのか?』についてご紹介したいと思います。

初心者にオススメなのは『単焦点レンズ』

結論から言うと、オススメなレンズとは単焦点レンズです!

と言われても単焦点レンズって何?という方も居ると思いますので、まずは一眼レフにはどのような種類の交換レンズが有るのか?についてお話して行きます。

カメラ用の交換レンズには主に2種類あり、1つ目がズームレンズ、2つ目が単焦点レンズに分けられます。

1つ目のズームレンズとはその名の通り、写真の部分のズームリングを回すことで写真の切り取る範囲を任意で変えながら撮影を行うことが出来るレンズの事です。
カメラを最初に買ったときについてくるレンズは大抵ズームレンズです。

キャノン公式サイトより引用

任意でズーム率を切り替えることが出来る為、1本のレンズで様々な撮影場面に対応することが出来るのですが、その分、レンズ内部の部品点数が多くなってしまうため、室内や夜景などの撮影には不向きで、レンズ自体の重量も1本で1キロを超えてしまう事も珍しくありません。

キャノン公式サイトより引用

2つ目の単焦点レンズは、単一の焦点(ズーム率)しか持たないレンズの事を言います。
分かり易く言えば、拡大縮小が一切できないレンズの事です

キャノン公式サイトより引用

単焦点レンズはズームを一切行うことが出来ない為、1本のレンズで様々な撮影場面に対応するというのは難しいですが、その分、ズームレンズに比べレンズ内部の部品点数が非常に少ない為、F値(絞り値)がズームレンズよりも小さく設定することができ、室内や夜景などの撮影も手持ちで容易に行えるようになっています。

もちろん、ズームレンズに比べて軽量です。重さは約160g程。

キャノン公式サイトより引用

また、撮影者のニーズに応じて異なる焦点距離のレンズが発売されているので、目的に合った焦点距離の単焦点レンズを選ぶことで、ズームレンズで撮影するよりも、ピント合わせが速くなったり、背景がよりボケたり、写りがシャープになるなどの恩恵を受けれます。

なので、カメラ初心者の方には、重くて、室内や夜には撮影の難しいズームレンズよりも手持ちで夜景も取れて、しかも軽量な単焦点レンズがオススメなんです♪

もしかすると『ズーム機能が無いと出先で思うように撮れないかもしれない』と考えてしまうかもしれませんが、実はカメラには初心者でもプロにもよく利用される黄金の焦点距離が存在します。

ですので、その黄金の焦点距離で撮影が出来る単焦点レンズを購入する事で、写真のクオリティが上がり、カメラは軽量化出来て、おまけに失敗の回数を減らすことが出来ます。

次項では、オススメの単焦点レンズをご紹介します。

単焦点レンズ、オススメの焦点距離は50mm

単焦点レンズは上で説明した通り、 単一の焦点(ズーム率)しか持たないレンズの事を言います。
なので、撮影者の用途に応じて様々な焦点距離のレンズが発売されています。

キャノン公式サイトより引用

しかし、単焦点レンズを購入、それが日常で使いづらい焦点距離のレンズだった場合、そのレンズを使う機会は少なくなってしまうので、購入する際にはよく使う焦点距離を調べるなどの注意を払いながら購入する必要が有ります。

自分の良く使う焦点距離を知る、と聞くと非常に難しく感じますが、実はレンズには、初心者でもプロにもよく利用される黄金の焦点距離が存在します。
その焦点距離とは50㎜♪

理由としては、50㎜は、『人が物を注視する時のの視野』に非常に近い為、他の焦点距離よりも被写体をより一層際立たせてくれる効果が有ります。

また、性質上他の単焦点レンズに比べ『背景をシンプルに出来る』『無駄な物が写り込みにくい』『背景が他のレンズよりもボケやすい』などのメリットもあるため初心者の人でも上手な写真を撮りやすいといわれています。

簡潔に言えば、素人でもいきなりプロっぽいボケのある写真が撮れるのが、50㎜の単焦点レンズです

私は『Canon EF50mm F1.8』を利用してこんな感じの写真が撮れました♪

いかがでしょうか?背景ボケが凄まじく綺麗で、尚且つ暗い物も簡単に撮れています♪

私自身も、広角系の単焦点レンズや望遠系の単焦点レンズで撮った写真よりも、50㎜単焦点レンズで撮った写真の方が上手く撮れていることが多いです♪

スポンサーリンク

カメラメーカー毎にオススメの50㎜単焦点レンズを紹介!

ここでは、私が使ってみて『良い!』と思えたオススメの50㎜の単焦点レンズをご紹介します。

お店などでレンズを購入する際には、使っているカメラとレンズのメーカーが違うと取り付けるためのマントの形状が違う為、レンズが装着できないので注意して下さい。

『マウント』って何?という人は以前の記事で解説していますので、宜しければ一読してみてください♪

キャノンのオススメレンズ♪

◆キャノン向け50㎜単焦点レンズ・No1

単焦点レンズを語る上で絶対に外せないのが『EF50mm F1.8 STM』
わずか160gという軽量・コンパクトさと、F1.8という明るさが特長の標準単焦点レンズで、背景を円形で美しくぼかし、被写体を際立たせる撮影表現が可能です。
このレンズを初めて使った人はF1.8という明るさに必ず驚くはずです。
また、このレンズは他メーカのレンズに比べ値段が安い為多くの人がカメラと同時に購入することの多いレンズです。
お値段、約15,000円程


◆キャノン向け50㎜単焦点レンズ・No2

絞り開放F1.4で強烈なボケ味を味わいたい、でもコスパのいいレンズがいい、という欲張りな方向けのレンズ。質量と描写性能、価格のバランスに優れた使い勝手の良い一本です。
撮影アングルを工夫したり、被写体にグッと近づくなど、距離感、遠近感、ボケ味の効果をうまくコントロールして作画すれば、レンズワークの基本すべてを活かして作品づくりが行えます。
お値段、約36,000円


◆キャノン向け50㎜単焦点レンズ・No3

屋内や夕景など暗めのシーンでも気軽に手持ち撮影ができる、開放F1.2の超大口径・標準Lレンズです。
浅い被写界深度による美しく大きなボケ味を活かして、被写体を印象的に描くことができるため、ウエディングやポートレートの撮影などにも積極的に活用できます。
光学系に採用した非球面レンズによって、開放からシャープで高コントラストな描写を実現、プロを満足させる一本に仕上げています。
お値段、約140,000円程

ニコンのオススメレンズ♪

◆ニコン向け50㎜単焦点レンズ・No1

静粛なAF撮影ができるSWM 搭載の大口径単焦点レンズ。
重さ、約185gと非常に軽くコンパクトな標準レンズ。
非球面レンズを使用した新規光学設計で高画質を実現。
手軽にカメラボディーと一緒に持ち歩け、背景のボケを活かせる明るい単焦点レンズの魅力を、いつでも気軽に満喫できます。
お値段約、25,000円

 
◆ニコン向け50㎜単焦点レンズ・No1

一眼レフカメラを楽しむなら、1本は持っておきたい標準レンズ。
SWM搭載で静粛なAF撮影ができる、見たままを写せる標準レンズです。
f/1.4と明るい開放F値、円形絞りの採用で、美しいボケ味。
絞り開放から画面全体にわたって描写性能が高く、無限遠から至近距離までコントラストの高い鮮明な画像が得られます。
お値段約、50,000円

ソニーのオススメレンズ♪

◆ソニー向け50㎜単焦点レンズ・No1

ポートレートに適したレンズです。
開放F値1.8の明るさと新光学系による美しいぼけ味を生かした撮影が可能。
光学式手ブレ補正機能との組み合わせで、暗いシーンでの手持ち撮影にも威力を発揮します。
また、レンズ内モーターとインターナルフォーカシングによる、スムーズで静粛性の高いAFで動画撮影にも適しています。外装にアルミニウム合金を使用した高品位な外観です。
※α5100・α6000・α6300・α6400等のAPS-Cフォーマットサイズ専用
お値段約、25,000円

◆ソニー向け50㎜単焦点レンズ・No2

35mmフルサイズ対応の標準単焦点レンズ。
重さ約186gの軽量・コンパクト設計で携帯性にも優れており、単焦点レンズの入門としておすすめしたい1本です。
非球面レンズを使用した新規光学設計により、諸収差を補正し高画質を実現。開放F値1.8の明るさと円形絞りの採用により、大口径単焦点レンズならではの背景ぼけを生かした撮影表現が可能。
また、金属マウントを採用し、質感を高めるとともに優れた堅牢性を実現しています。
お値段約、28,000円

結論!写真をもっと楽しむなら『単焦点』

いかがだったでしょうか?
今回は、一眼レフカメラ初心者がレンズで迷ったら買うべき『単焦点レンズ』についてご紹介しました。

単焦点レンズはズームレンズと違い焦点距離の変更が出来ないのが不便ではありますが、その分、内部の部品点数が少ない為、軽量かつコンパクトなレンズが多いです。

その上、価格も安く、画質もいいレンズが多いので、今お使いのデジタル一眼カメラの本領を発揮させたいのであれば単焦点レンズを使ってみて欲しいです。

また、単焦点レンズは焦点距離が固定されており、自ら動いて構図を決めないといけない為、撮影テクニックのレベルアップにもつながるという恩恵もあります。

50㎜の単焦点レンズは、カメラユーザには非常に人気で、各メーカーからもお供目安い価格で販売されているので、興味のある人は是非一度その手に取って単焦点レンズの良さを体感してみてはいかがでしょうか?

この記事を通して、皆様のカメラライフをより良い物にして頂ければと思います♪

それでは次回の記事でまたお会いしましょう!
以上、亜希でした!

コメント