東プレの最強キーボード『Realforce』を使い始めてから、入力疲れが一切なくなった件

この記事は約10分で読めます。

皆さんこんにちは!亜希(@yoromiblog_aki)です!

最近では、IT化が進み、仕事でも趣味でもパソコンを使っている方は多いのではないでしょうか?

特にブロガーさんやライターさん、事務系の仕事の人などは、パソコンを使う業務の中でも、『キーボード』に触れる機会が多いかと思います。

かくいう私も、このブログを運営し始めてから、1記事で約4000文字程入力する為、キーボードに触れる機会が多い方だと思います。

キーボード入力がメインの作業を行っていると、どうしても発生ししてしまう『入力疲れ』
しかし、その入力疲れが東プレの『Realforce』購入したことによって改善されました。

実は以前から、このキーボードを利用はしていたのですが、 高いキーボードを手に入れた優越感に浸っていただけで、 メリットにはあまり気付けていませんでした。

しかし、この前にちょっとしたことで、リアルフォースの有難みを知ることが出来たので、今回は『東プレの最高級キーボードRealforce』の良さについてご紹介したいと思います、

東プレの『Realforce』とは?

『Realforce』と言われれば、パソコンを使っている人の中には聞いた事がある方も居るかと思います。

しかし、ここでは『Realforce』って何?という方の為に、Realforceの特徴についてざっくりとご紹介したいと思います。

Realforceとは東プレが製造・販売している高級キーボードのシリーズの名称で、 銀行の窓口や計算センターなどの正確な入力求められる環境下で利用されるキーボードです。

読み方は『リアルフォース』
パソコンに詳しい方たちの中では『リアフォ』という愛称で慣れ親しまれている商品です。

また、一般企業でも導入の促進がされる程の大人気のキーボードで、作りも非常に堅牢で一般的なキーボードと比べ約3倍ほどの耐久性が有ります。

値段はキーボードとしては非常に高価で、一般的なキーボードが1枚、約3,000円程で購入できるのに対して、Realforceは1枚、約20,000円ほどで販売されています。

3,000円の約7倍の20,000円・・・・
こんな金額出してまで、『たかがキーボード』を購入するのは馬鹿らしいと感じる方も居るかもしれません。

しかし、約7倍の値段も出してでもこのキーボードを使う価値は絶対にあります。
むしろ一般的なキーボードを何枚も購入するぐらいなら、頑張ってRealforceを買った方が絶対に良い!と言い切れるほど価値が有ります。

ということで、次項では、そのメリットについて徹底的に説明して行きます♪

Realforceを使う事で得られるメリット

ここでは東プレの『Realforce』を使う事で得られるメリットについてご紹介します。

正直このキーボードを使用するまで、高いキーボードを使ったところで何も変わらないだろ、と思っていましたが、それは私の間違いでした。
今ではこのキーボード無しでは執筆が出来ないくらいに重宝しています。いわゆる手の恋人状態です。

たかがキーボード、されどキーボード、一体一般的なキーボードとは何処が違うのか!
まだ使ったことのない方の為に詳しく書いてみたので是非読み進めて見て下さいね♪

軽快な打鍵感のおかげで指への負担が少ない!

このキーボードを使う上で最大の特徴が『指への負担がとにかく少ない』事です。

文字を打つことが多くなかった時にはそんなに意識した事は無かったのですが、ブログを始めてから手の甲の部分が長時間のタイピングでピキピキと痛むことが時々ありました。

多分、軽度の腱鞘炎に近い状態になっていたと思うのですが、これがRealforceに変えてからは一切起こらなくなりました♪

理由は単純♪

一般的なキーボードのキーは一個当たりの必要押下荷重は、全キー約50~60gに設定されているのに対し、Realforceのキーの押下する時の重さは、全てのキーが30gの重さに設定されており、疲れ知らずでスムーズなキータッチが行えるようになっているんです♪

※モデルによってキーの重さが変更されている物もあります。

押下荷重が軽く設定されているおかげで、一般的なキーボードと比べ、キー入力時に指に入れる力が半分で良く、長時間入力を続けても指への負担が低減されるので、疲れも半分になるんです♪

しかも、キーを押した際の打鍵感も一般的なキーボードの『ペチペチ』『パチパチ』『ペコペコ』と言った感じではなく『スコスコーッ!』と入力することが出来るので打鍵音を聞いているだけでもストレスが発散されます(笑)

これはかなり大きなメリットで、私の場合入力で指が疲れてしまうと、その反動で気付いたら肩や背中まで凝ってしまうのですが、Realforceなら、指の疲れが少ない為、肩や背中が凝ってしまう前に休憩をとることが出来るようになり、結果として一般的なキーボードで作業を行う時よりも1時間ほど速く作業をすますことが出来るようになりました♪

驚異の耐久性!約3000万回押しても大丈夫!

一般的なキーボードの耐用押下数は1キーあたり、約1000万回といわれています。
正直これでも全然凄いと思うのですが、Realforceの耐用押下数はなんと驚異の3000万回!

何と一般的なキーボードの3倍も耐久性が有るんです♪
こんなに耐久性が高い秘密は『静電容量無接点方式』という機構のおかげ。

Realforceは画像の様に入力機構にバネを採用しており、キー内部のバネが変形することで、静電容量を非接触で感知して入力を認識する方式の、静電容量無接点方式を採用しています。

この方式は、一般的なキーボードに採用されている『メンブレン方式』と比べ電極を互いに接触させる必要が無い為、『接点部の摩耗によるチャタリングが起きない』『動作音が小さい』『耐久性が高い』『打鍵感の向上』というメリットを持っています。

因みに、このキーボード、『静電容量無接点方式』のお陰でキーを斜め方向から打鍵しても引っ掛かりが全くなく、キーを奥まで押し込んで入力する『底打ち』をしなくても入力することが可能です。

メンブレン方式のキーボードだと入力時にちょくちょく発生する『キーの引っ掛かり』が一切なく入力が出来るようになっている為、連続して気持ちよく打鍵できるようになっています。

参考までに、メンブレン方式の画像を画像を貼っておきます。
画面中央のゴムの部分が接点を押す部分になっているのですが、このゴムの部品がペコペコとした嫌な打鍵感を生み出します。

Realforceは購入時こそ高いけれど、安いものを頻繁に買い換えるよりも、高くて良い物を長期間使う方が、作業効率も、コスパもきっと良いはずですので、もし現状のキーボードの打鍵感に不満を持っている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

高速入力に適したキー形状

Realforceは、キーを横から見た形状が、指の動きに合わせて列ごとに異なる『ステップスカルプチャータイプ』のキー配置を採用しています。

ステップスカルプチャーとは、キーの段差に傾斜の違いを持たせることで、段を誤らない正確な位置把握と、ホームポジションから移動の少ない打鍵が行いやすくなっている構造の事で業務用の高価なキーボードなどに採用されていることが多い作りです。

購入時には、これって意味あるのかな?と疑問なところもありましたが、使ってみて納得♪

もともと、Realforceは上記でも説明した様に1キー当たりの押下荷重が30gと低めに設定されていますが、 ステップスカルプチャーのお陰で、指を移動させた際に、キーを指で真っすぐ下に押し込める様になるので、キー押下荷重がより一層軽く感じられます♪

ここまで、ユーザーの事を考えてキーボードを作る『東プレ』には脱帽です。

同時押ししても全て入力されます

Realforce一般的なキーボードと比べ3キー以上の同時押しにも対応しているので、高速入力時の『変換抜かり』や『改行抜かり』といったミスをグッと抑えることが出来ます。

普通のキーボードだと、キーを同時押ししたとき、3キー以上は入力されないのですが、Realforceなら複数のキーが同時に押された場合に押された順序に従ってすべて認識される『Nキーロールオーバー』対応なので、高速入力時に同時押しの様な入力をしても全て正確に入力されます。

◆Nキーロールオーバーとは?
Nキーロールオーバーとは、パソコンなどのキーボードで複数のキーが同時に押された場合、その押された順序に従ってすべて認識されるというスペックのことである。2キーまで認識できるものを2キーロールオーバー、3キーまでを3キーロールオーバーといい、任意の数という意味で「Nキー」という。一部の電卓なども2キーロールオーバーである。一般にコスト高である。
※Wikipedia[Nキーロールオーバー]より抜粋

例えば、文章入力の際に、『変換』『スペースキ』『エンター』などの補助キーを利用しようとしたときに、一般的なキーボードなら高速で入力していた場合、補助キーを押しても反応してくれない場合が有りますが、Realforceならそのような心配なく入力を続けることが出来ます。

スポンサーリンク

Realforceのデメリット

ここまで、メリットばかりが得られるRealforceですが、デメリットも無いわけではありません。

ここでは、あまり触れたくはないですが、Realforce購入する事で発生してしまうデメリットをご紹介したいと思います。

値段が高すぎる

Realforceの最大のデメリットであろう、値段。
私の場合、日常でタイピングゲームなどを嗜むことが有る為、『買ってよかった』と思いますが、高級キーボードを購入したことない方からすると20,000円のキーボードは『高すぎ!』の一言だと思います。

確かに価格自体も安い金額ではなく、特にパソコンでネットやTwitterぐらいしかやらない方にとっては高いものに感じるでしょうし、持つ必要はないと思います。

どっちかというと、そういう人はマウスやモニターに拘った方が良いと思います。

しかし、仕事や趣味で文字を沢山打つ人の場合、手の疲れが気になる人には決して贅沢品どまりのキーボードではありません。
作業の効率化、負担の軽減という観点から考えるとこれ位の金額は『投資』と考えていいと思います。

一回使うと、他のキーボードに戻れない。

もう一つのデメリットは、快適すぎるがゆえ、他のキーボードが許せなくなることです。

1度このキーボードを使ってしまうと、本当に他のキーボードで文字を打つのが嫌になります。 そうです。あまりにも使い心地が良すぎるため、ほかのキーボードではストレスがたまってしまうということ。

そうなると、もう1個買うという方法しかなくなります。

しかし、ここまで高価なキーボード、そんなにホイホイと買うことが出来ません。

なので、もしRealforceの購入を考えている場合は、しっかりと入力環境を整え、何枚もリアルフォースを購入しなくてもいいように心がけましょう!

物書きならば買って絶対に損はない『リアルフォース』

いかがだったでしょうか?
今回は、Realforceというキーボードの特徴・メリット・デメリットについてご紹介しました。

キーボード1枚に20,000円を掛けるとなると少々気が引ける人も多いかと思いますが、このキーボードのお陰でブログを運営するモチベーションが上がるうえに、疲れ知らずで作業が出来るというのは非常に大きなメリットだと思います。

また、一度買ってしまえば、一般的なキーボードと比べ長く使える為、現在のキーボードに何かしらの不満を抱えてる人やブロガー・ライターを職業としている方は絶対に駆って損はない一品です。

しかし、Realforceには非常に多くのバリエーションが存在している為、とりあえず欲しい!って人は私も愛用している一番スタンダードな『東プレ REALFORCE 108UBK 10キー付モデル』を購入しておけば問題と思います♪

オシャレは足元からと似たような感じで、パソコンも周辺機器を整えてあげることにより、今まで行っていた作業がグッと時間短縮できる場合もあったりしますので、是非とも気になる人は購入して、ご自身でその良さを体感してみてくださいね♪

この記事を通して、皆さんがより良いパソコンライフを送ってもらえたらと思います。

それでは次の記事で会いましょう♪
以上、亜希でした!皆さんよいパソコンライフをお送りくださいませ♪

コメント