【懐ゲー】タイピングソフトの最高峰『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』が現在でも最高すぎる件

この記事は約8分で読めます。

皆さんこんにちは!亜希(@yoromiblog_aki)です!

今回は、『パソコンの扱いに自信有るぜ!』という方向けにオススメの『タイピングソフト』をご紹介したいと思います。

古いソフトなので現在は入手困難ではありますが、タイピングゲームの最高峰と言っても過言ではないので、ブロガーさんや入力のお仕事をされている方には是非とも試してほしい一本です♪

タイピングソフトの最高峰『THE TYPING OF THE DEAD』

今回、私がオススメしたいのはセガから発売されていた『THE TYPING OF THE DEAD』
日本語で書くと『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』です♪

発売機種はDC,PC,Mac,PS2,iOSとなっています。

『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』 は2000年にタイピングを楽しむことを目的にアーケードゲームでとして発表され瞬く間に人気になりました。

このゲームは、1998年に発売された『ハウス・オブ・ザ・デッド2』をベースに作られたゲームで、迫りくるゾンビをタイピングで倒していくゲームになっています。

ただ、武器が銃ではなく、キーボードになっていて、ゾンビが画面に登場すると同時にワードが記載された枠が表示され、そのワードをキーボードで入力していくとゾンビにダメージを与えることができ、全てのワードを入力すると倒すことができます。

登場人物全員『キーボード』を背負ってます

ゾンビと聞くと怖いイメージが有りますが、ゾンビの持つ武器が『ハリセン』や『ピコピコハンマー』を持っていたり、出題されるワードが非常にユニークなものが有ったりするなど、本家のハウス・オブ・ザ・デッド2と違い随所にギャグ要素が盛り込まれています。

もう少しマシな武器はあったのでは・・・・?

初心者から上級者までガッツリ遊べるタイピングゲームであり、初心者用にチュートリアルまであるので安心してしっかりとタイピングを学ぶことが出来ます。

注意点としては製品によっては『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』ではなく『ゾンビ打』というタイトルがついていることが有り、中古ショップで見つけ出すのに少々苦労する事が有ったりします。

数多くのタイパーに愛されているタイピングソフト

初リリースは 2000年に ドリームキャストで発売されました、その後パソコン版も発売されました。

今となっては『懐ゲー』の域に入りかけているのですが、発売当初から多くのタイピングマニア(タイパー)に愛され続けてきました。

例えば、2004年には PlayStation2向けに『THE TYPING OF THE DEAD ZOMBIE PANIC』が発売されたり、 PC向けに『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2004』 というちょっとした名前違いの物も発売されました。

また、過去にはMac向けに『ゾンビ打 タイピングラリアット for Mac』というソフトも発売されたこともあります。

さらに、2008年には「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 3」をベースにした続編である「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2」が発売されています。

そして、2013年には一切の告知無しに「The House Of The Dead: Overkill」をベースにした PC 版「 THE TYPING OF THE DEAD:Overkill」が英語圏で発売されました。残念ながらこのソフトは日本国内では購入&プレイすることが出来ませんが、非常に評価は高いみたいです♪

これだけのタイトル数が発売されていることを考えれば、世界中のタイパーから愛されていることが簡単に想像できますね♪

もはや、タイピング界のマリオと言っても過言ではないほど沢山の作品に恵まれたタイトルです。

スポンサーリンク

タイピングを学ぶならこのソフトが近道

このゲームの良い所は、タイピングを学ぶにあたっての配慮が隅々まで行き届いている所!

特におすすめなのが『TUTORIAL MODE』
タイピングを始めるソフトとしては最高に内容が充実しており『ホームポジション』『運指範囲』『特殊文字練習』『苦手キーの克服』などタイピングを習得したい方や・すでに習得してるけど入力速度を上げたい方の指の矯正を行えるモードになっています。

また、慣れてきた人の為に『DRILL MODE』というモードもあります。

このモードは短文・長文・特殊文字の入力速度のさらなる向上を目的としたモードになっていて、日々の練習成果を記録してくれる機能なども付いています。

さらに、普通のタイピングソフトじゃ物足りないという人向けに『MASTER MODE』という名の、上級者向けのモードも用意されていてます。

クリア条件に『入力ミスをするな!』や『制限時間内に長文を入力しろ!』の様な無理難題を言われるモードがいくつも存在し、『これ本当にクリアできるの?』と思うような内容になっています。

その他、『一人で遊ぶの飽きた!』という人向けに『VS EXPERTMODE』というモードが搭載されており日本に実在するプロタイパーの方のゴーストデータと戦うことが出来ます。

『プロタイパーなんか簡単だろ』なんてナメてかかると痛い目に合うことになるので、挑戦する時にはそれ相応のレベルに達してからにしましょう。

痒い所に手が届く機能搭載♪

その他、このソフトは痒い所にも手の届く機能が搭載されています。

まず1つ目があいまい入力に搭載しているというところです♪

あいまい入力とは何だという人為に簡単に説明すると

『お茶』と入力する時に『OTYA』でも『OCHA』でも、
『ししゃも』と入力する時には『SHISHAMO』『SISHAMO』

どちらでも入力できるという機能です。

このあいまい入力のお陰で、ワードに躓くことなくスムーズに打つことが出来る為上級者の方でもストレスフリーで楽しむことが出来ます♪

また、プレイヤーのレベルに合わせて出題ワードを変えてくれる機能も搭載しており、初心者には短めのワード、上級者には長めのワードという風にリアルタイムで切り替えしてくるようになっている為、タイピングになれていない方でも気軽に楽しむことが出来るようになっています。

その他、タイピングゲームならではの要素も含まれています。
それがなんと、エンディングのスタッフロールでのタイピング!

今までスタッフロールでシューティングさせられたり、キャラクターを動かせたりなど、いろいろな工夫を凝らしたゲームに出会ってきましたが、タイピングが出来るスタッフロールに出くわしたのは、これが最初で最後だと思います(笑)

因みに全部入力できると、水槽の中に入っていたゾンビたちが順番に出てきて、踊りだします♪

スポンサーリンク

現在は値段高騰&動作困難!?

これからタイピングを始めたい!という人には本当にオススメのソフトなので私自身もここまで色々と書かせてもらったのですが、実はこのソフトには欠点が2つあります。

それが、販売を終了してから結構経つ為、『中古価格の高騰』&『Windows10で利用する為には非公式パッチが必要』という2点です。

私も、この記事を書くにあたってamazonをみてびっくりしました、新品価格が5,000円程だったゲームがなんと14,980円!ものすごく高い・・・・

しかし、このゲームを何年もプレイしている私からするとこの値段もなんとなくうなずけるような気がします・・・だって面白いですもん。

他のamazon内のストアさんも見てみたのですが、軒並み新品価格と変わらない5,000円ほどで販売されていました。

なので、是非ともプレイしてみたいという人は、5,000円ほどで販売している所で購入する事をオススメします。

で、次に最大の問題なのが、Windows10では動作困難だという事。
発売されているソフトのバージョンによってWindows10でそのまま動く物と、WindowsXP搭載の古いパソコンでパッチを当てた状態でWindow10に戻し動かす方法の2種類が混在している為、購入前に良く調べてから買う事をオススメします。

因みに、PC版ザ・タイピング・オブ・ザ・デッドの最終バージョンであろう『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2004』をWindows10で動かすための手順がYahoo!知恵袋さんに記載されていましたので、転載させていただきます。

タイピングオブザデッド2004をWindows10で動かす方法はありますか?タイピングオブザデッドEXであればWindows10で動かせるのでしょうか?よろしくお願いしますm(__)m
タイピングオブザデッド2004をWindows10で動かす方法はありますか?タイピングオブザデッドEXであればWindows10で動かせるのでしょうか?よろしくお願いしますm(__)m

プレイ環境が有るならば絶っっ対にプレイすべし!

いかがだったでしょうか?
今回はタイピングソフトの最高峰『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド』についてご紹介しました。

タイピングソフトとしては異例の3Dポリゴンで表現される世界はきっとあなたを新しい世界に引き込んでくれること間違いなしです♪

また、また機能面でも非常に充実したソフトに仕上がっており、ここでは紹介できなかったモードもたくさんあります

古いゲームという事もあり、現在では入手困難&動作困難な状態ではありますが、まったくWindows10では動かないという事もないので、ぜひプレイ環境がそろいそうな人は試してみてはいかがでしょうか?

ブロガーさんや入力のお仕事をされている人は、このソフトで遊ぶことによって、楽しみながら今以上に仕事の効率化を図ることが出来るかもしれませんよ♪

この記事を読んで頂いて、少しでも皆さんのパソコンライフが素敵なものになればと思います。

今回の記事はここまでです。
最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

以上、akiでした!それではまた次の記事でお会いしましょう♪

コメント