iPhoneの空き容量不足を解消!オンラインストレージ「Dropbox」を使ってみよう!

この記事は約8分で読めます。

皆さんこんにちは!元カメラ屋店員のakiです!

前々回の記事で紹介した「Dropbox」
世界中で利用されている「オンラインストレージサービス」で、簡単に言えば「無料で使えるインターネット上のハードディスク」です。

前回の記事では「AndroidスマホでDropboxを使う方法」をご紹介しましたが、 今回は「iPhone」でDropboxを使う方法を簡単にご紹介していきたいと思います♪

 
iPhoneはAndroidスマホと違い、SDカードの挿入が出来ないため、容量不足になったとしても後付けでストレージの容量を増やすことが出来ません。


対策として、本体に保存しているファイルやデータを、「オンラインストレージ」に移動させることにより、本体の空き容量を増やすことが出来ます。


本体の動作が重くなってるときや、緊急でパソコンに移動させれない時になどにもとても役立ちます。

また、インターネット環境が有れば、いつでもどこからでも本体と同じようにファイルの閲覧、コピー、変更、修正、保存、削除などが行えます。

その為、ファイルの保存先としてはもちろん、バックアップ先としての利用、あるいはファイル共有などに使用することが可能です。


もちろん以前の記事でPC・Androidスマホで新規登録した人はそのアカウントを利用できます。
お手元にPCがある方は、そっちで登録した方が簡単ですので、オススメです♪

今回の記事はこんな人にオススメ!
・スマホが壊れた時の為に大切なデータをバックアップしておきたい。
・人に見られたくないデータが有るので隠し場所を作りたい。
・スマホの空き容量が少なくなってきたので、少しでも空きを作りたい。

まずは、「Dropboxアプリ」をダウンロード&インストールしよう!

DropboxにはWeb版とアプリ版が用意されていて、パソコンではWeb版の方が使いやすいのですが、スマホの場合はアプリ版を利用したほうが使いやすいので先ずは「App Store」でアプリをダウンロードしましょう。

 
アプリの入手方法が分からない方は、これから解説しますので、一緒に進めていきましょう♪
 

まずはiPhone向けのアプリ全般の入手が出来る、「App Store」にアクセスします。
そして、画面下の「検索」をタップして下さい。

「App Store」が開けたら、検索窓に「Dropbox」と入力して、検索候補が出てきたらタップをしましょう。

そうすると、「Dropbox」の詳細ページに移動しますので、「入手」をタップしてインストールを開始してください。

インストールを開始する際に、「AppleID」のパスワードか、「TouchID・FaceID」の認証を求められるので、どちらかを入力してください。

後は、インストールが開始されれば、青色の丸ゲージが一杯になるまで待ちましょう。
※この作業はiPhoneのバージョンによっては1分ほどかかる場合もあります。

インストールが完了したら、開く」と出てきますが、押さずに確認のために一旦ホーム画面に戻りましょう。

アプリ一覧の中に画像の様なアイコンが出現していれば、インストール成功です!

お疲れ様でした!これでインストールは完了です!
慣れない作業に肩が凝った方もいるかもしれませんが、一休みしてから次項に移りましょう!

インストールは完了です!初期設定~実際に使ってみる!

ここからは、Dropboxの使い方を紹介していきます♪
Dropboxの使い方はパソコン版同様難しくないので安心してください。


データを保存したり移動させたりするのは、普段スマホのLINEで画像を送る方法に非常に似ています。
とはいえ戸惑う部分もあるかもしれないので、データの預け方~保存の方法を画像付きで説明してきますね。 

 
最初に、先ほどインストールしたアプリを開きます。そうすると画像の様な画面に代わると思います。そのまま、「登録」をタップして、新規アカウントの作成に入りましょう。

各欄に必要事項を入力後、「アカウントを作成」をタップしてください。

「アカウントを作成する」をタップ後、「利用規約に同意して下さい」的なメッセージが出てくるので、「同意」をタップしましょう。

その後、「アカウントを作成中」と表示されれば成功です。

アカウント作成後、画像の様な画面に変わり、有料プランなどの説明をしてくれますが、そのままキャンセルかスキップしてください。

続けて、パソコンとの接続設定の画面も出てきますが、これもスキップして下さい。

「ホーム」画面になれば初期設定は完了です!次に、写真を預けてみましょう。
この、預けるという事をアップロードと言います。

写真を預けるアップロードする場合には「写真」、文章やPDFをアップロードする場合には「ファイル」を選択しましょう。

「写真」をタップし、画面が切り替わったら、「写真を選択」をタップしましょう。

画面が切り替わった後、「Dropboxが写真へのアクセスを求めています」と表示されるので、「許可」をタップしましょう。

その後、写真の一覧が表示されます。
預けたい写真を見つけたらLINEの様な感じで、写真を預けてみましょう。

表示されている写真の右上を軽くタップすることでレ点が入り、一度に複数枚の写真を預けることが出来ます。

レ点を付けるのが面倒な場合は、「すべて選択」をタップすることで、その日付分の写真がすべて選択されます。

画像が選択出来たら、画面右上の「次へ」をタップしてください。

画面が切り替わると、Dropboxからどこに保存するかを聞かれるので、「フォルダを選択してください…」をタップして下さい。

その後、画面が切り替わったら、「場所を選択」をタップしましょう。

また、画面が切り替わったのちに、画面右上の「アップロード」を選択して下さい。
そうすると、先ほど選択した写真がDropbox上に移動され始めます。

無事に移動されたかどうかを確認するには、画面下の「ファイル」を選択してみてください。

無事にアップロードが完了すると、下の画像の様に一覧で表示されます。
心配な方は、念の為パソコンからも確認することをおススメします。

お疲れ様です!これで無事にアップロード完了です。

念の為にパソコンで確認してみました、しっかりアップロードされていますね♪

もし、パソコンをお持ちの方は本当にちゃんとアップロードされているか確認してもいいかもしれません。

次は、Dropbox内にある画像のダウンロード方法について解説します

スポンサーリンク

Dropboxにある画像をスマートフォンに保存してみよう♪

ここからは、Dropbox内に保存されている、写真や動画のデータのダウンロード(スマホ内に入れる)方法を説明していきます

この作業は、普段スマホのブラウザで画像を保存する方法に非常に似ています。
なので、前項同様肩の力を抜いて行きましょう♪

 

前項のアップロードをした同様に、まずはアプリを起動させてください

起動させると、右画像の様にDropbox内に入っている写真一覧が出るので、ダウンロードしたい写真をタップして下さい。

写真を開くと左の画像の様になります。

もし、右の画像の様に何も情報表示がされていない場合は、何もない所を一度タップして下さい。

前後の写真を見る場合は、写真を指で横に動かす、スワイプ操作で行えます。

保存をするには右の画像の様に右上の「…」をタップ
してください。

右上の「…」をタップすると、左の画像の様に下からメニューが出てくるので「エクスポート」を選択して下さい。

その後、左の画像の様に「画像を保存」を選択して下さい。

画面上に「「写真」に保存しました」とメッセージが表示されれば成功です。

ダウンロードした写真は、iPhone純正の「写真アプリ」で見ることが出来ます。

念の為に、「写真アプリ」で確認してみましょう。

無事に保存されていれば作業完了です。

お疲れ様でした♪
これにて写真のダウンロード完了です。
かなり工数が多いように見えますが、慣れてしまえば1枚保存するのに10秒ほどで操作を完了させることが出来ます。

Dropbox と iPhone の まとめ!

今回のポイント!
・パソコンはWeb版が使いやすいが、Androidスマホはアプリ版が使いやすい!
・Dropboxの操作感はLINEに非常に似ているので、簡単に使いこなすことが出来る!
・インターネット環境が有ればどこでもアクセス可能なので、出先からスマホでもアクセスできる!

いかがだったでしょうか?本日は使い慣れてしまうと本当に便利な「Dropbox Androidスマホ版」についてご紹介しました。

最後に、Wi-Fiに接続していない環境でアップロード、ダウンロードを繰り返すと、データパケットの消費が著しく発生しますので、作業する際には十分にお気を付けください。

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました♪
作業をしてみて、わからない、元に戻らない等のご不明点がありましたら、コメントにてお問い合わせ下さい。

以上、akiでした!皆さんよいスマホライフをお送りくださいませ♪

コメント