PCの動作が重い人必見!簡単に空き容量を増やして高速化しよう♪~画像付きで分かりやすく解説~

この記事は約8分で読めます。

皆さんこんにちは!元カメラ屋店員のakiです!

日常でパソコンを使っていて、「最近起動に時間がかかるな…」「ネットの検索結果が表示されるまでの待ち時間が長い!」なんてことになっていませんか?

本日は、動作の重くなったパソコンを無料で少しでも軽くする方法を画像付きで解説していきます♪

現状で動作が重くなっている人や、重くなる前の予防をしたい人にもオススメの記事です。
難しいことは全然ないので、ぜひ一度読んでみて実践してみてください!

Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10 対応です♪

こんな人にオススメ!
・パソコンのソフトやファイルの消し方が分からない。
・パソコンの動作が最近重くなってきた。
・動作が遅くなってしまう前に予防をしておきたい。

パソコンが重くなる原因は一体なんだ?

まず、パソコンが重くなる原因について解説します。

パソコンの中には沢山の使い易くする為のソフトが最初から沢山入っており、これらのソフトは「知らない間に自動で起動し、そして処理が終わったら自動で終了する」という動作を繰り返しています。

その、ソフト達が動いてる最中に「ネット閲覧」「動画視聴」「画像編集」等を行うと、パソコンとしては自動で動いてるソフトの上にユーザーからの命令を実行しないといけなくなる為、力不足に陥り動作が重くなってしまうんです。

パソコンの現状が表示される画面を写したもの。
ざっくり言うと、プロセス数というのが、パソコンが今行おうとしてる作業。
バンドル数というのが、行おうとしていることに対して必要な手順数。
これでも少ない方なのです。

また、各ソフトが動く際には、データを保存しているHDD(ハードディスク)に一旦ソフトを動かすために必要な情報を広げ、パソコンがそれを読み取って作業を行うという仕組みもあります。

なので、ハードディスクの空き容量がないと、情報を広げる場所がなくなるので動作がもっさりしてしまう原因となります。

しかし、定期的に不要な動画や音楽、ソフトを消してあげることでハードディスクの空が増え作業が快適に行うことが出来るようになり、パソコンの動作自体も快適にすることが出来ます。

重くなる原因が分かったら、削除していこう!

パソコンが重くなる原因が分かれば、さっそく可能な不要なファイルを削除してみましょう!

ただ、闇雲にファイルを消してしまうと、最悪の場合「パソコンが起動しなくなった!」という状態に陥る場合もあるので落ち着いて作業しましょう。

作業を行う前にはこの文章だけは必ず読んで作業を始めてください

パソコンのデータには大きく分けて
・「パソコンによって自動で作られたデータ」
・「ユーザーの作業により作られたデータ」

の2つがあり、今回削除していくのは「ユーザーの作業により作られたデータ」です。

「ダウンロードしたデータ」「カメラから取り込んだ写真・動画」「自分でインストールしたソフト」「CDから取り込んだ音楽」等々自分でどこかから持ってきたデータがメインです。

例えば
・動画なら「.mp4」「.wma」
・画像なら「.jpeg」「.bmp」「.png」
・音楽なら「.mp3」「.wma」
・文章なら.「.txt」「.doc」
などがあります。

削除するのは簡単なので、「消す前に大切な思い出の詰まったデータではないか」「本当に自分で作成したデータか?」

今一度心に問いかけつつ作業していきましょう♪

写真・動画・音楽ファイルなどの削除方法

まず、は手軽に削除していける、「写真」「動画」「音楽」を削除していきましょう。

特に動画データはファイルサイズが大きく、1つ削除するだけで約写真30枚分、音楽20曲分の効果が有ります♪

その前に、どれが削除していいファイルなのかが一目で分からないと、時間が掛かってしまうので、まずは開いたウィンドウの何もない所で「右クリック➡表示➡大アイコン」と操作を行い、一覧の表示方法を切り替えましょう。

※画像一覧等を表示させたときに、既に分かりやすい状態になっていれば、この作業は不要です。

そして、次に削除したいファイルの上で右クリックを行い、コンテキストメニューが表示されたら削除を選択します。そうすると画面左端にある「ゴミ箱」に移動します。

次に、「ゴミ箱」をクリックで開き、「ゴミ箱ツール➡ゴミ箱を空にする」を選択して下さい。

最後に、「完全に削除しますか?」と聞かれるので、ためらわず「はい」を選択。

ゴミ箱ウィンドウの中が真っ白になり「このフォルダーは空です」と表示されれば作業は完了です♪

お疲れ様でした。ファイルの削除の操作は意外と簡単だったと思います。

日常から、不要なファイルが発生したときには、この様にこまめに削除することによりパソコンの空き容量維持が出来るので、長い目で見ていくとパソコンの重くなるのを防止できることになります。

少しでも、パソコンの健康状態をいじするなら、ぜひとも癖付けておきたい作業の一つです。

インストール済みソフトの削除方法(アンインストール方法)

次に、不要なソフトのインストール方法を解説していきます。

不要なソフトの削除は本当におすすめです!

理由としては、1つ1つファイルを消すよりも楽に大きな空き容量を作れる、ソフトの中には自動で動作する物もあり、削除することによりパソコンの動作を劇的に改善することが出来る場合があるからです。

ただ、中には削除してしまうと、今まで使っていた機能が使えなくなる場合も有ったりするので、削除しても良いか判断がつかない場合は、一度ネットで名前を調べてみて自分に不要なソフトであれば削除をするようにしてください。

それでは、今から手順を解説していきます♪

先ずは、デスクトップの左下のWindowsアイコンからメニューを呼び出し、その一覧から「Windowsシステムツール」を開き、「コントロールパネル」を選択して下さい。

コントロールパネルが開くと、画像の様にいくつか項目が出てくるので、その中から「プログラムのアンインストール」をクリックして下さい。

「プログラムのアンインストール」がひらくと、四角の枠の中にパソコン内に入っているソフト一覧が出てきます。

不要なソフトをクリックして下さい。

クリックすると「~~~~~をアンインストールしますか?」と確認されるので「はい」をクリックして下さい。
※枠の中の表示はパソコンに入っているソフトによって変わってきます。画像の表示と一緒ではないのでご注意ください。

上の画像で「はい」を選択した後、数分待つと枠内から選択したソフトが削除されます。
※ソフトによっては追加でメッセージが表示される場合がありますが、「Yes」「はい」等を選択して作業を進めてください。

削除されたのが確認出来たら、ウィンドウ左上の「x」をクリックし作業を終了させてください。

お疲れ様でした♪ソフトをいくつか削除した後はパソコンの再起動をオススメします♪

いくつかソフトを削除すると、幾分パソコンの動作が早くなってる方も多いかと思います。

これからは、「不要ソフトはすぐに削除しておく」という作業も出来るだけ癖付けておきましょう♪

外付けハードディスクやオンラインストレージにデータを移すのも良し!

上記の2つを試してみて、「空き容量が増えない」人は、外付けハードディスクやオンラインストレージにデータを移すのも良い方法です。

ハードディスクには「~~GB」まで保存可能という上限が個体によって決まっていて、使っているパソコンが容量の小さいハードディスクを搭載してる場合、「外付けハードディスク」を接続し、それにデータを移すことによって本体のハードディスクの容量を確保することが出来ます。

最近では、大容量の外付けハードディスクが数多く発売されている。
差し込むだけで動作してくれる「プラグ・アンド・プレイ機能」は凄く良い♪

外付けハードディスクは接続は凄く簡単で本体から出ているUSBを接続するだけで使用可能になります。
外付けハードディスクの使い方の記事は、またどこかで作りたいと思います。

また、少しでも費用を安く抑えたい人は以前の記事で紹介した、「オンラインストレージ」を利用するのも手かと思います。

スポンサーリンク

定期的にメンテナンスをしてあげることでパソコンは快適に動く!

いかがだったでしょうか?

今回は、パソコンから、不要なファイルやソフトを削除する方法を解説しました。
パソコンも人間同様、記憶領域に沢山の物事を記憶しておくことが出来るので、定期的に「息抜き、ならぬ、データ抜き」をしてあげないと、動作が重くなってしまうのです。

最初は覚えることが多く、面倒くさいかもしれませんが、少しずつでも良いのでパソコンの中身を整理整頓してあげると、数年後でも安心して使えるパソコンになると思います。

高価な物が少しでも長く使えるよう日ごろのメンテナンスを行ってあげてくださいね♪

ここまで読んで頂き誠にありがとうございました♪
作業をしてみて、わからない、元に戻らない等のご不明点がありましたら、コメントにてお問い合わせ下さい。

以上、akiでした!皆さんよいパソコンライフをお送りくださいませ♪

コメント