一眼レフ

カメライフ

バッテリーグリップは有ると便利なのか?メリットとデメリットを書き連ねてみる。

出先で撮影を行っていて唐突に起こるカメラのバッテリー切れ。 シャッターチャンス中にバッテリー切れが起きた場合、交換する手間さえ惜しいと思う方もいらっしゃると思います。 今回はそんな方にオススメのバッテリーが2個搭載でき駆動時間が2倍に伸びる『バッテリーグリップ』についてご紹介します♪
カメライフ

カメラ内部に侵入するゴミは一体どこから入ってくるのか?今までの私の経験から解説してみる!

一眼レフやミラーレス一眼などのレンズ交換式カメラを使っていると、どうしても内部に侵入してしまうゴミ。 侵入するゴミの多くはレンズ交換時に入る物ですが、それ以外にも侵入経路が有るのはご存じでしたか? 今回はどこからともなくカメラ内部に侵入してしまう経路を個人的見解も含め解説して行きます♪
カメライフ

カメラの純正バッテリーは高い!そんな時は社外バッテリーを検討してみよう!

カメラを使う上で絶対に必要になる『バッテリー』 最初はカメラの購入時に付属してきますが、2~3年利用すると劣化してしまい、満足に使えなくなります。 そんな時には新しいバッテリーの購入が必要になりますが、純正品はいかんせん高い! 今回はそんな方にオススメの『社外バッテリー』についてご紹介します♪
カメライフ

【カメラ初心者必見】失敗した花火の写真を超簡単に最高の1枚に変える方法♪

夏の風物詩『花火』は写真に綺麗に収めるのにはかなりの技術を要します。 せっかく三脚を構えてシャッターを切ったけど、失敗写真ばっかりだったという方も居るのではないでしょうか? 今回はそんな失敗した『花火写真』を使い、超簡単に最高の1枚に変える方法をご紹介します♪ 花火撮影で失敗してしまった!という人は是非一読してみてくださいね♪
カメライフ

写真に見知らぬ『赤い点』ひょっとすると『ホットピクセル』かも?!症状と解決法をご紹介♪

いつも通りカメラで撮影をしていたら、写真に見慣れぬ『赤い点』が発生した場合、それは『ホットスポット』かもしれません。 ホットスポットとはカメラのイメージセンサーの経年劣化と共に発生する現象で一度発生してしまうと二度と消すことが出来ないとも言われています。 今回はそんなホットスポットについてご紹介します。
カメライフ

Canonが作る最高級レンズ『Lレンズ』って知ってる?『Lレンズ』の特徴を元カメラ屋店員が語ってみる。

カメラを使っている人なら一回は見たことが有るかもしれない、白くて大きいレンズ。 撮影スポットなどに行くと大きなレンズを持ってる人を見ると『凄い!』と思いますよね♪ 実はあのレンズは『Lレンズ』と呼ばれるCanonが発売している高級レンズなんです。 今回は高級レンズの『Lレンズ』にはどんな特徴があるのかをご紹介します!
カメライフ

SDカードに書かれてる記号の意味知ってる?良いSDカードを購入する為に各種記号を徹底解説!

私達が日常でよく使う『SDカード』 特に一眼レフやミラーレス一眼などのデジタルカメラには必須のカードで、撮影した写真を保存する為に利用されています。 しかし、そんなSDカードに記載されている記号の意味を皆さん理解していますか? 知っている様で知らない、各種記号の意味、今回分かり易く画像付きで徹底解説してみました♪
カメライフ

手持ちで撮影出来る『シャッタースピード』の下限はいくつ?個人的意見も含め解説してみる。

写真撮影したことが有る方なら誰もが経験したことが有るであろう『手ブレ』 手ブレの主な原因はシャッタースピードが下がってしまう事で発生します。 しかし、このシャッタースピード手持ちの場合、手持ちの場合いくらまで下げることが出来るのか気になりませんか? 今回はそんな人のためにシャッタースピードの下限はいくつなのかをご紹介します♪
カメライフ

交換レンズの明るさはF値だけじゃなくT値の方が重要なの知ってる?F値とT値の違いを徹底解説してみた♪

交換レンズを購入する時に、絶対に気になるであろうF値。F値とは数値が小さければ小さい程、明るい写真を撮ることができ、暗所での撮影時に役立ちます。 しかし、レンズの明るさを示すのはF値以外に『T値』という値が有るのはご存じでしたか? 今回はレンズカタログには記載されていないT値について徹底的にご紹介します♪
カメライフ

画素数の多いカメラは良いカメラなのか?カメラの高画素化によるメリット・デメリットを考えてみる。

近年、カメラ内に内蔵されているイメージセンサーと呼ばれる部品の進化が凄まじく、最近ではソニーから有効画素数6,100万画素を搭載したカメラも発表されています。 しかし、高画素になると本当に写真の画質は上がるのでしょうか?今回はそんな疑問をお持ちの方に、分かり易く高画素化のメリット・デメリットをご紹介します♪